“Viola Falling In Love”「恋に落ちたビオラ」

“That viola seems to have fallen in love with the violin.
It was dazzled by the clear tone of the high notes
that it couldn’t make.”

“Dazzled? You mean ‘string-struck,’ don’t you?”

“???”

“But every time the viola gets closer to the violin,
it realizes the difference in strings.
‘Hey, your strings are different!’ it says.”

“Still, the viola doesn’t give up. ‘The difference in strings
doesn’t matter in the face of love!’ it declares.”

“Viola Falling In Love”
composed and arranged by SunnyG

「あのビオラがバイオリンに恋をしたんやそうな。
なんでも、自分が出せない高音の澄み切った音色に
幻惑されてのことやそうや」

「ゲ・ン・ワ・ク?それを言うなら『弦惑』やないか」

「???」

「せやけど、ビオラはバイオリンに近づくたびに、弦の違いに
気づいてしまうんや。『あんた、弦が違うやん!』ってな」

「それでも、ビオラは諦めへん。『弦の違いなんて、愛の前では
関係あらへん!』ってな」

「恋に落ちたビオラ」
作・編曲:SunnyG(サニー爺)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ