“Fata Morgana” 「蜃気楼」

In the twilight of my years, I find myself brimming with dreams, each a vivid tapestry
of aspirations yet to be fulfilled.

Though my body may have aged, my spirit remains evergreen, nurturing
the seeds of countless ventures I yearn to embark upon.

These dreams, they dance within me, a fantastical display of hope and desire,
illuminating my inner world with their ephemeral glow.

Yet, I am keenly aware that time’s relentless march may one day cause them to dissipate,
just as the elusive Fata Morgana vanishes upon the horizon, leaving behind nothing
but the memory of its fleeting beauty.

“Fata Morgana”
composed and arranged by SunnyG

私の人生の黄昏には、まだ果たされていない願望の
鮮やかなタペストリーである夢に満ち溢れています。

体は老いても、無数の冒険に乗り出したいという願いを育む私の精神は常緑のままです。
これらの夢は、希望と欲望の幻想的な展示であり、
そのはかない輝きで私の内なる世界を照らします。

しかし、時間の容赦ない進行がいつの日かそれらを散逸させるかもしれないと
私は痛感しています。ちょうど、捉えどころのないファタ・モルガーナが
地平線上で消え去り、その儚い美しさの記憶だけを残すように

「Fata Morgana(蜃気楼)」
作・編曲: SunnyG(サニー爺)

 

コメントをどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ